未経験者としての心で

いくら看護学校で専門の知識や技術を学んだところで、資格をとって初めて職場につくときは、誰もが未経験者です。

また、どんなに看護師としての経験が長くても、職場が変わると知識や行動がまったく違い、かえって未経験者の方がすんなりと仕事に慣れるというケースもよくあります。
特に手術室などでオペの補助などを行う看護師は、病棟担当がどんなに長く経験があっても、あらためて看護師としてのギャップの大きさに戸惑うようです。
患者とのコミュニケーションがあまり必要ない分、手術室の看護師は、医師の手術の施術や必要な器材の取り扱いなど、必要な専門知識がとてもたくさんあります。
手術医は各専門医に多く分かれていますが、手術室を担当する看護師に専門のオペはないのです。

ですから、未経験の看護師として求人を探す場合に、必ずしも派遣やアルバイトの仕事を探す必要はありません。
むしろ、仕事や職種が限定されていない派遣やアルバイトなどの仕事は、病院に直接勤務するのと違い、未経験の者に直接仕事を指導するシステムがないと考える方が通常です。
逆に派遣やアルバイトなどの仕事は、未経験者ではなく、通常の看護師以上の実力が要求されることが多くあります。

看護師の仕事と言っても、様々な診療科や担当があり、その職場によって仕事の内容は大きく異なっています。
ですから、新しく職場が変わった時には、自分が経験者と思わず、未経験者として早くにその職場の行動に慣れることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です