面接対策が重要

現在、一般に正規雇用の道が狭い日本では、企業に就職する際に面接での受け答えがとても重要です。
そのため面接における主な質問内容や模範解答などが、ネット上にも多く解説されています。
そのような中、看護師は唯一の売り手市場となっています。看護師の志望動機には、給与面や待遇などの不満や、職場環境に対する不満など「不満」から転職する人が多いですが、それでも看護師は売り手市場なのです。特別に人気の高い職場を望まなければ、あまり面接における対策を練らなくても、余程非常識な回答をしない限り問題はないようです。
しかし企業内の医務室など、夜勤がなく土日や祝日を休みとする職場はとても人気が高くなっています。せっかく求人サイトで募集をみつけても、きちんとした面接対策がなされていないと入社することは難しいのが現状です。

面接の際によく質問される内容として、「志望動機と前の職場を辞めた理由」が挙げられます。
その時の志望動機として、「夜勤のないことや休日の充実」などを正直に話したら、ほぼ入社することは難しいでしょう。
志望動機の一般的な模範解答としては、「その職場や仕事についての自分の考えを述べ、これまでの経験で自分が積んだスキルを活かしたい」と答えることでしょう。

そして、企業の面接においては、少なくともその企業のホームページを閲覧して、企業の活動内容や方針などを事前にチェックしておくことが大切です。
しかし、面接対策にばかり気を取られないように気をつけましょう。表面上の回答だけでは、長く仕事を続けることは困難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です